行政

 行政や自治体などのカラーユニバーサルデザインの取組みを紹介します。(都道府県コード順)

北海道 (広報誌「ほっかいどう」の色づかいについて北海道CUDOがチェック)

【東北】
青森県(色のユニバーサルデザインガイドブック作成・講習会の実施)

福島県(カラーユニバーサルデザインガイドブック作成)

【関東】
茨城県(いばらぎUDサービス・情報ガイドライン・WEBについてCUDの取り組み方の情報発信)

埼玉県(カラーユニバーサルデザインガイドブック作成)

東京都(福祉保険局)(カラーユニバーサルデザインガイドライン作成)
・足立区(カラーユニバーサルデザインガイドライン作成)
・文京区(カラーユニバーサルデザインを含む情報提供ガイドラインを作成)
・練馬区(まちづくりセンター)(CUD体験学習会の開催・CUD展示会の開催など)

神奈川県(カラーバリアフリー・色使いのガイドライン サインマニュアル Ver 2.0 平成30年6月)
・川崎市(公文書作成におけるカラーユニバーサルデザイン・ガイドラインの作成)
・横浜市(カラーバリアフリー色使いのガイドラインの作成)

【中部】
石川県(CUDガイドライン作成)

山梨県(やまなしカラーユニバーサルデザインガイド作成)

静岡県(カラーユニバーサルデザインのための指針作成)
・静岡市(市ホームページの運用にCUD対応)
浜松市(CUDセミナー・教職員向けCUD研修会の開催)

【近畿】
京都府 ・京都市(「カラーユニバーサルデザインをはじめよう!」情報発信)

兵庫県
・神戸市(「こうべユニバーサルデザイン都市づくり」CUDOリンク付)

・姫路市(バリアフリーに関する取り組みの一環としてユニバーサルマップにCUDにも対応)

和歌山県(ユニバーサルデザインによる色覚バリアフリーについて情報発信・推進)

【中国】
鳥取県(カラーユニバーサルデザインを推進・CUD啓発チラシ作成・とっとり人権情誌「ふらっと」にてCUD特集掲載)

山口県 (カラーバリアフリーガイド作成)

【九州】
大分県 (「わかりやすい印刷物のつくりかた」に色弱者への対応を記載)